ちょこっと脳トレ【秋においしい魚介の漢字読みクイズ】

メロディスムーズプラスマンハッタナーズ オールスター猫演奏家
マンハッタナーズ可動式

景色がすっかり秋めいてきました。
食欲の秋とも言いますが、実際に旬を迎える食べ物がたくさんあります。
日々の食事を楽しむためにも、秋に美味しい魚を覚えておいて損はありません。

今回は旬の魚介類の漢字読み当てクイズの第4弾。
様々なレベルのものをご用意しました。
ヒントを頼りに、それぞれの漢字は何と読むのか当ててみてください。

解答はブログ記事の下部の「解答編を開く」でご紹介します。


 

名前の語呂合わせもあってか、昔からお祝い事には欠かせない高級魚です

 

夏のイメージが強い魚ですが、本当の旬は脂が乗りだす秋以降です

 

初物とは違い、濃厚な脂が特長的になる時期です

 

漢字は「陸に揚げるとすぐに弱って腐りやすい魚」であることからつけられたそうです

 

実は「蠣」だけ表せますが、語源の中国で食べているものが全て「牡(おす)」だと勘違いしたことから今の表記になったといわれています

 

由来は「秋に良く獲れる刀のような魚だったから」という、読んで字の如くです

 

地域により、秋から冬にかけてが旬。数の子の親です

 

名前は「ぬらぬらしたもの」という意味からつけられたそうですよ

 

鮮やかなオレンジの身が特徴の魚。秋になると日本の川に戻ってきます

 

塩焼きや味噌煮と楽しめます。青背の魚の代名詞

 

鋭い歯を持ち、長い体の魚。大物になるとドラゴンといわれます

 

食べ応え抜群の贅沢高級食材。主に伊勢の国で獲れていたことから名づけられたそうですよ

 

垢がついて汚れているように見えたことからこの表記。しかし、高級魚で美味な白身魚です

 

問題は以上です!

解答編を開く

Grandhoodには、杖・シルバーカー・ショッピングカートなどシニア世代の『歩く』をサポートする商品、バッグやお財布などの可愛い猫雑貨を販売中です。ぜひチェックしてみてください♪

全商品一覧を見る

関連記事